2012年01月23日

女性から男性へのプロポーズ

「コレ(妊娠)はもう分かってるよね?」 MEGUMI

「おばあちゃんになっても、お姫さまだっこして」 川島なお美

「私と結婚すると、楽しいと思うんだけどな」 夏目雅子

(テポドンが飛んでくる噂があって今の奥さんから)「もし日本に落ちたら私、独身で死ぬのヤダから明日結婚して」 サンドウィッチマン富澤の妻

「私が幸せにしてあげる。守ってあげる」 南果歩

「ねえ、あなたに聞きたいことがあるの。私と結婚したい?」 パトリシア・アークエット

(ジョイマン高木に結婚について聞かれたときの返答)「私は決めています」 ジョイマン高木の彼女

「ケイスケ(飼っていた犬)の父親になってくれませんか?」 竹下景子

(結婚のスポーツ新聞を見ながら)「こうなるんですかね?」 中野みゆき(川合俊一の妻)

「郷ひろみはファンのもの。私は原武裕美(郷の本名)と結婚するの」 郷ひろみの妻

「じゃあ、お嫁さんにしてくれる?」 高山みなみ(コナン声優)




posted by propose at 12:21 | プロポーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

芸能人のプロポーズの言葉


あなたを心から愛ちていまちゅ。結婚ちてくだしゃい
出川哲朗、阿部瑠理子(レースクィーン)

明日はうるう年の2月29日だから、おもしろいね。明日、入籍しよう
出典江角マキコ、桐島ローランド

こういう関係になった以上、一緒に住むのが自然でしょう
ビートたけし、幹子夫人(元・漫才師)

おまえの笑顔が一生みたい。ずっとついてきてくれへんか
杉浦太陽、辻希美

世界一面白い嫁になってくれ
鈴木おさむ、大島美幸

僕の飼い主になってください
猫ひろし

ボクには失いたくないモノが2つある。1つはキミでもう1つは髪の毛
東国原英夫(そのまんま東)、かとうかずこ




posted by propose at 12:21 | プロポーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2008年09月15日

プロポーズ名言集

「僕は君を幸せにする自信はありませんが…
僕が幸せになる自信はあります。 僕と結婚してください!」

「ずっと一緒にいたい。結婚して欲しい」

「サザエさんみたいなお家にしよう!」

「人生最大の記念日を作ろうか?」

男「世界で2番めに幸せにするから結婚しよう」
女「どうして2番めなの?」
男「君と結婚できるボクが一番幸せだから!」

「誰よりも早く『おはよう』を言いたい。そして誰よりも遅くに『おやすみ』を言わせて欲しい」

「そろそろ、同じ家に帰ることにしようか?」

「結婚してください。もし君が断っても、僕はもう二度とこの言葉、誰にも言わない」

「いつもの俺を受け入れてほしい」

「これからも一緒に時間をきざんでいこう」

「ぼくはお買い得やで。なんも文句言わんし、なんでもよう食べるし、よう働くし」

「今ならもれない一生幸せ保証付きでお買い得です」

「一緒にアルバムを作っていこう」

「卵かけご飯が好きなんだ。『きみだけ欲しい!』」

「一生笑わせてあげるから、ずっと隣にいて」




posted by propose at 13:33 | プロポーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

こんなのはイヤ、プロポーズの言葉

「僕の死に水とってください!」

「僕のパンツを洗って」

「幸せにしてあげる」

「僕と一緒のお墓に入ろう」

「寝たきりになったらおむつ変えてね」

最近のCMネタ
「僕と24時間通話無料になってください」




posted by propose at 10:56 | プロポーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2008年09月14日

未婚女性が言われたら嬉しいプロポーズの言葉

オリコンで、未婚の女性に「言われたら嬉しいプロポーズの言葉」についてアンケート調査を行った。

1.結婚しよう
2.ずっと一緒にいよう
3.一緒に幸せになろう

回りくどくわかりにくい表現よりも、シンプルな表現が好まれるようです。

【その他】
一生、守っていく
君以外考えられない
苦労してもいいか
一生そばにいて欲しい
俺の嫁になってくれる?
共に生きていこう
君が必要
幸せな家庭をつくろう

(07年5月31日〜6月4日、自社アンケート・パネル【オリコン・モニターリサーチ】会員の、20代、30代、40代の、登録属性で「会社員(事務系/技術系/その他)、公務員、経営者・役員、契約社員・派遣社員の方」、女性各150人、合計450人のうち、未婚者にインターネット調査したもの)

<もっともわかりにくいプロポーズ>
難解な言葉を使うと言われた元FRB議長のアラン・グリーンスパン。
彼の妻であったアンドレア・ミッチェルは、グリーンスパンの言葉が難解であったためプロポーズと気づかなかった。
グリーンスパンは後により明確な言葉で再度プロポーズした。
ミッチェルの「3回目のプロポーズではじめて意味が分かった」と言う冗談に対して、グリーンスパンは「実際には5回目のプロポーズでようやく分かってもらえたのだ」と自伝に書いている。

こんな会話ではなかったのかというジョーク

(グリーンスパン) 今日は、是非話したいことがあるんだ。
(ガールフレンド) 何かしら、アラン。
(グリーンスパン) この私でさえ、貴方と私の関係に関する見通しがかつてないほど良好であることは認めざるを得ない。
(ガールフレンド) ?
(グリーンスパン) 貴方に対する私の感情が、不合理な熱狂であるか否かという問題についての答えは未だ出ていないが、私たちはこの問題をこれからもテーブルの上に乗せていかねばならないだろう。
(ガールフレンド) 

彼女が帰ったあと、グリーンスパン議長の独白
(グリーンスパン) ああ、あんなにはっきりとプロボーズしたのに、彼女は「イエス」と言ってくれなかった。 僕の何が悪いんだろう。




posted by propose at 23:05 | プロポーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。